偏食で肌が汚くなってしまった方の話

MENU

38歳女性のスキンケア体験談

肌が汚くなった原因やきっかけだと思うこと

豆が大好きで、つい食べ過ぎてしまう事が、大きな原因です。
あと、お菓子の食べ過ぎもあります。一般的にも豆にはニキビのもとになるものが沢山含まれているからって事で、注意はしているのですが、あまり食べていないと、無性に食べたくなり、つい沢山食べてしまいます。節分豆とかのただの大豆豆ならまだいいのですが、塩っ気がたっぷりのうすぴーはダメです。ポリッピーも良くないです。が、とても好きなので食べてます。
お菓子も注意したらいいのに、ニキビの原因になるお菓子ばかりを食べてます。

 

肌が荒れていた時に食生活や生活習慣について

ニキビが出来た後も、うすぴーやポリッピーなどの豆菓子をやめる事が出来ず、食べ続けていた事です。もちろん、お菓子もやめれず、食べ続けてます。そして、さらにいけないのは、ニキビを潰してしまう行為です。本当は触らずに治るまで待つ事が一番の治療法なのですが、何度も何度も触ってはカサブタをめくってしまい、なかなか治りません。ですから、できる事、食事はビタミンCを多くとりました。出来るだけ、とり続けるようにはしています。
そして、化粧水をニキビケアのものにしてます。

 

肌を綺麗にした方法

なかなか続ける事は難しいですが、ビタミンCを沢山摂取して、顔にはあまり触れず、様子を見るのが、一番です。一度、我慢を覚えると少しは続ける事が出来るので、ニキビが完治するまで放置するです。ニキビケアの化粧水をひたすら使用して、肌が綺麗になるのを待つ事です。ニキビはいかに触れないで我慢できるかが、とても大事です。そして、ビタミンCです。ビタミンCはとっているのととっていないのとでは、かなりかわるので、気をつけて摂取すると良いです。

肌が汚いってすごいコンプレックスに成りえますよね。肌が汚いと思うだけで人と話すときとかネガティブになってしまいますし。トップページでは肌が汚いのを治す最強スキンケアを紹介しています。

肌が汚い