肌の水分不足で肌が汚くなってしまった話

MENU

肌の水分って大事なんです。

肌が汚くなった原因やきっかけだと思うこと

顔の新陳代謝で血行が悪くていた事と、スキンケアをおろそかにしていたために、肌に水分が足りなくさまざまな、肌トラブルに悩まされました。常に乾燥からの皮脂が過剰になり、ニキビだらけになり、真っ赤に腫れあがる程、酷くなりました。ハッキリとした原因は、良く分かりませんが、季節の変り目から来る物で紫外線対策等をしなかった事やホルモンの乱れなどが一気に重なり肌が一気に肌を悪化させてしまい、大変な状態になってしまいました。

 

肌が荒れていた時に食生活や生活習慣について

体に必要なカルシュウムの「さかな」や発酵食品の「みそ汁」、さまざまな栄養がたっぷりある「野菜」等をあまりとらずに、唐揚げや油っぽい食生活や、間食が多くのお菓子を良く食べていました。水分もほとんど採らないのに、ジュースなどで採っていて、今思えば、食生活全体が原因だと思います。食事でしっかり栄養を採っていなかったと今思えば食事も関係があったと思っています。あの頃は食べた物が肌に影響するとは考えていませんでした。

 

肌を綺麗にした方法

まずは、スキンケアを美容本で学びそのとうりにスキンケアをして、化粧水をたっぷり使いしっかり乳液もつけ。食事もご飯をしっかり食べ、さかなや、野菜で栄養を採り果物で、ビタミンもしっかり採り、睡眠も多くとるよう心がけていました。顔の新陳代謝を良くするために、サウナなどに入り、汗をいっぱいかき、毛穴の汚れを出して代謝を良くしていました。その後冷水でしっかり顔を冷やしていました。肌の炎症を抑えていました。生活を変えて改善に近づきました。

肌が汚いってすごいコンプレックスに成りえますよね。肌が汚いと思うだけで人と話すときとかネガティブになってしまいますし。トップページでは肌が汚いのを治す最強スキンケアを紹介しています。

肌が汚い