肌を放って置きすぎて汚くなってしまった方の話

MENU

肌の放置をしていると荒れていくんです。

肌が汚くなった原因やきっかけだと思うこと

若い頃からスキンケアなどに興味がなく、外出前には日焼け止めを塗る、洗顔後に化粧水を塗るなどを何もせずに放置していたこと。食生活に偏りがあり、特にあまり野菜を食べていなかったこと。仕事や私生活で日々ストレスを溜がちなこと。寝る時間が遅かったり早かったり、食事をする時間が定まっていなかったりと、生活習慣があまり良くなかったこと。これらの要因が混ざり合って、肌がどんどん汚くなっていったのではないかと思っています。

 

肌が荒れていた時に食生活や生活習慣について

甘い物が好きで、チョコレートなどのお菓子をよく食べていました。また、肉や油物も好きで、食事のときには選びがちでした。逆に食べていなかったものは野菜類、魚介類などです。食べるのが好きだったのでついつい食べ過ぎてしまうことが多かったです。食事も決まった時間に取ることはあまりなかったです。睡眠については、夜更かしが多く夜型の生活でした。夜遅くに寝て平日の睡眠時間が短かったり、休日は逆に昼まで寝てしまって長すぎたりと、安定しない睡眠時間だったと思います。

 

肌を綺麗にした方法

りあえずスキンケアを始めました。肌に合う化粧水を選んで、お風呂上がりに肌に塗るようにしただけでも、かなりの改善があった気がします。肌が油っぽいタイプなので、乳液を使うとニキビが出来やすくなる気がしたため、化粧水だけにしました。それからなるべく夜更かしを減らし、睡眠時間は決まった時間に決まっただけとることを心がけるようにしています。これでもたまにニキビなどは出来ますが、毎日のようにニキビがあった時期に比べればかなりマシになりました。

肌が汚いってすごいコンプレックスに成りえますよね。肌が汚いと思うだけで人と話すときとかネガティブになってしまいますし。トップページでは肌が汚いのを治す最強スキンケアを紹介しています。

肌が汚い