良くわからない化粧水で悪化した話

MENU

良くわからない化粧水は使わないほうがいい

肌が汚くなった原因やきっかけだと思うこと

今まで使った経験のなかった外国製の化粧水を使ったために肌荒れを起こしてしまいました。イメージが良く、なんとなく憧れもあるブランドだったため、ディスカウントショップで安売りをしていたのにつられて成分やその他の情報をきちんと確認せずに購入してしまい、洗顔後に使用したところ、肌が赤く腫れてヒリヒリと痛みを感じてしまいました。すぐに水で洗い流したものの、しばらく赤みと痛みは消えませんでした。軽はずみな買い物に後悔しています。

 

肌が荒れていた時に食生活や生活習慣について

赤みと痛みをしずめるために氷やタオルで冷やし、肌の表面を保護するためにワセリンを薄く延ばして塗りました。外出するのが恥ずかしいくらいに頬が赤い状態が続いたのですがメイクで隠すのも刺激になりそうでこわかったので、毛穴が開いてしまわないように熱い食べ物や辛い食べ物を避けました。腸の調子が悪くなると連動して肌の状態も悪りがちなので、食物繊維をたくさん摂るようにし、睡眠時間もいつもより長めに確保しました。

 

肌を綺麗にした方法

上記のことがあってから、ブランドやイメージなどを基準にして化粧品を選ぶことをやめました。自分が敏感肌気味であることも自覚できたため、化粧品は刺激の少ないもの・添加物や香料が不必要に配合されていないものを選ぶようにし、成分を確認せずに新商品を試すこともしなくなりました。自分の肌に合う化粧品を季節によって使い分け、肌が荒れがちな時はとにかく保湿を心がけるようにしていたら、徐々に肌トラブルも減りました。

肌が汚いってすごいコンプレックスに成りえますよね。肌が汚いと思うだけで人と話すときとかネガティブになってしまいますし。トップページでは肌が汚いのを治す最強スキンケアを紹介しています。

肌が汚い